Salesforce開発者向けChrome拡張機能まとめ

By | April 6, 2022

Salesforce Inspector

利用ユーザ数10万超えの圧倒的世界一のChrome拡張機能。

オープンソースで、こちらからコードを確認できます。

Salesforce Insperctorを用いると、例えば以下のようなことができます。

①(ページレイアウトに出てこないような裏側のデータを含めた)項目情報の表示

  • 以下の例を見ると、取引先オブジェクトの住所(Address)項目が内部的にHash構造になっていることが分かります。

②データのエクスポートとインポート

  • データローダが不要となります。

③組織の制限の確認

  • 設定画面を飛び回らなくとも、あらゆる制限が一元的に確認できます。下記画像はごく一部です。

④メタデータのダウンロード

  • CLIやVS Codeを利用せずにメタデータが取得できます。

⑤APIの探索

ORGanizer for Salesforce

「Force.com LOGINS」や「Salesforce Logins by Synebo」などと同じ、ログイン系拡張機能。

初回ログイン時に自動でログイン情報を保存してくれるなど、ログイン系拡張機能の中では一番多機能という噂です(※私はSyneboユーザなので未検証)

Salesforce DevTools

ER図や項目定義書やページレイアウト定義書を一発で出せる神ツール。

Salesforce Mass Editor

リストビューでExcelのようにレコードをインライン編集できるツール。

Salesforce Advanced Code Searcher

全Apexをまたいだ検索やコードの静的解析などが可能な(VS Codeが使えない人向けの)便利ツール

Salesforce Navigator

ショートカットでどこにでも一発でいけるようになる便利ツール。

Control+Shift+Spaceで検索バー開くのに慣れると、「画面右上の歯車ボタン>設定」という面倒な導線を二度と利用しなくて済むようになる。

Salesforce Show Api Name

レコードページにAPI参照名出せるようになる